日本INSDAC株式会社

ファインビーム管実験キット

目的

.磁場内の閉じた円形経路における電子の偏向
.電子の特定の変化の決定e/m



原理

細いビーム管は、ヘルムホルツコイルのペア(P338001)によって生成される均一な磁場における陰極線の偏向を調査するために使用されます。さらに、電子の比電荷e/mの定量測定にも使用できます。
ヘリウム残留ガス雰囲気のガラス電球の内部にある電子銃は、間接加熱酸化物カソード、ウェネルトシリンダー、穴あきアノードで構成されています。 ガス原子は電子の経路に沿ってイオン化され、細く明確な発光ビームが生成されます。 組み込まれた測定マーク磁場内で偏向されたビームの円形経路の直径の視差のない測定を容易にします。

システムA
ベーシックファインビーム管実験

システム構成

ファインビーム管P318001x1本
ファインビーム管ベースP328001x1台
ヘルムホルツコイルのペアP338001x1個
DC電源M10-QP500Ex1台

システムB
完全なファインビーム管実験

システム構成

ファインビーム管P318001x1本
ピースファインビーム管ベース+ヘルムホルツコイルペアP328002x1台
DC電源M10-SPN300-03Cx1台
DC電源M10-SPN110-01Cx1台
DC電源M10-SPM18-3Cx1台

ファインビーム管P318001

ガス充填: ヘリウム
ガス圧: 1.3hPa
フィラメント電圧: 4~10V AC/DC
フィラメント電流: 6.3Vで600mA
フォーカス電圧: -50V
アノード電圧: 200~300V
アノード電流: <0.3mA
円形経路の直径: 約20~100mm
分割間隔: 約10mm
管直径: 約160mm
全長: 約255mm
重量: 約0.35kg

P318001

モバイルバージョンを終了