日本INSDAC株式会社

CPLD学習キット M21-CPLD01

特徴

.高品位、高品質のCPLD学習デバイス
.EPM240T100C5Nで開発
.さまざまなCPLDの基本実験
.ブレッドボードと組み合わせて、さまざまな拡張実験やより複雑なデジタル論理回路実験を行うこともできます
.2mmの高強度パネル、AWG#22および#23ピン(約0.6mm)に適合する130以上のセルフロックソケットを備えた両面PCB
.プログラミングにUSB-Blasterを使用し、プラグアンドプレイ機能をサポートします
.クラシックMCPハウジングケース

CPLD(complex programmable logic device)は、PALとGALから開発されたデバイスです。大きくて複雑な構造のデジタル集積回路であり、ユーザーは必要に応じて論理関数を構築します。ユーザーは開発スーツを使用して、回路図やハードウェア記述言語を使用してデジタルシステムを作成できます。

CPLDは、中小規模のユニバーサルデジタル集積回路を使用するほとんどすべてのシーンで使用できます。CPLDデバイスは電子製品の不可欠な部分になり、それを設計および使用することは、電子専門家および電子エンジニアの学生にとって必要なスキルになりました。

本学習キットは、学生とエンジニアが基本的なCPLDプログラミングスキルを学び、習得し、ファイルの書き込みのダウンロード方法に精通するのに役立ちます。プログラムの正確さを簡単に検証できるオンボードシミュレーションテストとデバッグをサポートしています。また、各モジュールにサンプルプログラムを提供し、ユーザーはそれを直接使用したり、独自のプログラムに合わせて変更したりできるため、開発の難しさが軽減されます。

主に搭載されているコンポーネント:

① 100個のDIPピンと100個の大きなスペーシングピンを備えたCPLD EPM240T100C5N

② ブレッドボード :

 1660タイポイントニッケルメッキ接点で相互接続され、デジタル回路を組み立てるために、すべてのDIPサイズとすべてのコンポーネントにリード線と単線のAWG#22および#23ピン(約0.6mm)が取り付けられています。

③ DC電源

 固定DC出力:+12V/0.5A、+5V/0.5A、

 電源は短絡および過電流から保護されています

④ デジタル発振器(5V/3.3V)

 1Hz、10Hz、100Hz、1kHz、10kHz、100kHzの周波数。

⑤ 可変DC:

 基準レベル出力:0〜+5V

⑥ 12ビットデータスイッチ(5V/3.3V):

 12個のトグルスイッチと対応する出力ポイント。

 スイッチが「下」の位置に設定されている場合、出力はLOレベルです。

 逆に、「上」の位置に設定されている場合、出力はHIレベルです。

⑦ 12ビットLEDディスプレイ

 12個の赤色LEDの個別の入力端子

 LEDは、入力が「HIレベル」のときに点灯し、入力がないときまたは「LOレベル」のときに消灯します。

⑧ 7セグメントLEDディスプレイの6桁

 一般的なアノードタイプの7セグメントの表示

⑨ DCコンバータ

 2×5V-3.3V設定可能な双方向

⑩ 実験マニュアル:CD-ROM

⑪ その他の標準アクセサリ

 (1)電源コード

 (2)ピン:10cm 20本/20cm 10本/30 10本

⑫ 入力電圧:100VAC

⑬ 寸法(W×H×D):約334×95×258mm

⑭ 重量:約2.5kg

モバイルバージョンを終了